ホーム  >  お茶の産地  紅茶の主要産地  >  インド

インド

世界最大の紅茶生産国インド。
インドでは、日常的に紅茶を飲む習慣があり国内消費量が多いため、輸出はあまりされていません。

ダージリン、アッサムなどで有名なインド

インドは、年間約98万トンもの紅茶を生産している世界最大の紅茶生産国です。もっとも生産量の多い地域はインド北東部で、アッサム・カチャール・ダージリン・ドアーズ地方がその代表です。また、南インドでは、高地に位置するニルギリ地方を中心として、年間を通じて香り高い良質の紅茶が生産されています。インドでは国内消費量も多いため、生産量は多いが輸出はあまりされていません。日本で販売されているインド産の紅茶は、ごく一部の高級品です。

  ダージリン アッサム ニルギリ
茶葉 OP(※)タイプ、ゴールデンチップを含む 黒褐色
整った形状
よく撚ってある、若い
風味 特有のマスカットフレーバーが極上品
さわやかな味わい
コクのある強い味わい、芳醇な香り 味、香りともクセのないマイルドな味わい
水色 赤みの薄いオレンジ色 濃い赤褐色 明るい鮮紅色
適する飲み方 ストレート、抽出時間は長めに 特にミルクティーによく合う レモン・ミルク・アイスなど、幅広いバリエーション
収穫シーズン 3~11月、クオリティーのピークは5~6月 3~11月、クオリティーのピークは6~7月 通年、クオリティーのピークは12月末~1月
その他の特徴 世界三大紅茶のひとつ 国内消費用が多く、最近はCTC茶も セイロン紅茶に似ている

※OP:オレンジペコー。細長く、撚りのかかった大型の茶葉。

ページの先頭へ戻る