ホーム  >  お茶のおいしいいれ方  >  紅茶のおいしいいれ方  >  アイスティーのおいしいいれ方

アイスティーのおいしいいれ方

アイスティーは、通常の半分の湯量でいれたホットティーを、
たっぷりの氷を入れたグラスに一気に注いでつくります。

アイスティーのおいしいいれ方

ポイント

2倍の濃さのホットティーをいれます。
2倍の濃さにするために、茶葉の量を倍にするのではなく、注ぐお湯の量を半分にします。つまり、氷が溶けることを考慮して、湯の量を半分にしておくのです。

急速に冷やす。
2倍の濃さにいれたホットティーは、茶こしをとおして、別のポットに移します。次に、砕いた氷をグラスにいっぱい入れて、ホットティーを一気に注ぎ、急速に冷やします。

本格的なアイスティー ~オンザロックス方式~

1イメージ 1 温めたポットに茶葉を入れます。茶葉の量はストレートティーを基準に、グラスに合わせます。
2イメージ 2 沸騰しているお湯を手早く注ぎます。お湯の量はホットのときの半分で。
3イメージ 3 蓋をして蒸らします。蒸らし時間は茶葉にもよりますが、おおむね2分程度でしょう。
4イメージ 4 別のポットに移した段階でグラニュー糖を入れ、よく溶かします。甘さは好みにもよりますが、ホットのときの1.5~2倍くらい入れるとちょうどよく感じられるでしょう。
5イメージ 5 グラスに砕いた氷をたっぷり入れ、2倍の濃さのホットティーを注ぎ冷やします。
キャラクターイラスト 

アイスティーはなぜ濁る?

アイスティーをいれる時の難しさは、冷やすと白く濁ってしまう場合があることです。これは、紅茶の成分のタンニンとカフェインが、冷やされることによって結合し、白く浮き出てくる現象で、「クリームダウン」「ミルクダウン」と呼ばれます。したがって、タンニンなどを多く含む良質の茶葉ほど、クリームダウンが起こりやすいといえるのです。
クリームダウンを起こりにくくするためには、タンニンやカフェイン含有量の少ないディンブラ、ニルギリ、アールグレイなどを使い、蒸らし時間を短めにすることがコツとなります。

ページの先頭へ戻る