ホーム  >  お茶の種類  >  中国茶の種類  >  烏龍茶の等級

烏龍茶の等級

10段階の等級があり、各グレードによって品質が異なります。
また、「優級」「極品」といった一般市場には出回らないものもあります。

中国における烏龍茶の等級

烏龍茶には中国の基準で定められたグレードがあり、下表のように等級が決められています。

茶種 K S Y L
鉄観音 色種 水仙 烏龍
  鉄観音 色種
(安渓産)
色種
(漳州産)
(みん)
水仙
(みん)
水仙
特級
1級
2級
3級
4級
5級 基準にはないが、まれに5級の表示をつけることがある
6級 粗茶:色種と水仙にあり、仕上げ加工時に出る大きく軽い茶葉
7級 粗茶:色種と水仙の2種あり
8級 茎茶上級
9級 茎茶下級

烏龍茶の季節による違い

  春茶 夏茶 暑茶 秋茶
摘採時期 4~5月 6~7月 8月頃 9月頃
味わい コクのある味わい 渋味のある味 ほろ苦い 淡白な味わい
香り 濃厚な香り やや淡白な香り 淡白な香り 清涼感のある強い香り

ページの先頭へ戻る