ホーム  >  お茶のおいしいいれ方  >  中国茶のおいしいいれ方  >  グラス、蓋碗、茶壺でいれるおいしいいれ方

グラス、蓋碗(がいわん)、茶壺(チャフー)でいれるおいしいいれ方

ここではお茶の特徴に合わせて、代表的な茶器を使用した
おいしいいれ方を簡単に紹介します。

グラスでいれる。

緑茶・白茶・黄茶・工芸茶などの茶葉の形や動きを楽しむ

1イメージ 1 耐熱グラスにお湯を注ぎ、温めます。茶海など別の器にお湯を注ぎ、少し冷ましておきます(約75~85度)。
2イメージ 2 グラスの湯を捨て、1人分の茶葉(3~5g、工芸茶は1個)を入れます。少し冷ました湯をやや高い位置から注ぎいれます。
3イメージ 3 茶葉が浮いたり沈んだりする茶種は、その様子を眺め、動きが落ち着いたら、工芸茶は開き加減をみて、八分程度開くと飲みごろです。
飲み方 茶葉に息を吹きかけ、向こうに押しやるようにしながら飲みます。
2煎目以降は、茶が3分の1程度残っているうちに湯を足すようにしましょう。

蓋碗(がいわん)でいれる。

緑茶・白茶・黄茶・花茶

1イメージ 1 蓋碗に湯を注ぎ、温めます。茶海など別の器に湯を注ぎ、少し冷ましておきます(約75~85度)。
2イメージ 2 蓋碗のお湯を捨て、茶葉を入れます。茶碗の大きさにもよりますが、茶葉は軽く、かさばるので、湯量の4分の1程度の茶葉を使用します。
3イメージ 3 蓋をして蒸らします。茶葉がある程度沈むまで待ちます(約2~3分)。
飲み方 蓋で茶葉を向こう側へよけながら。
蓋を茶葉が落ちない程度ずらします。茶海に移し、茶杯に注ぎ分けてもかまいません。

茶壷(チャフー)でいれる。

青茶・黒茶

1イメージ 1 茶盤の上に茶壷を置き、茶壷→茶海→茶杯とお湯を移しながら温めます。
2イメージ 2 茶壷に茶葉を入れ、熱湯を高い位置から勢いよく、なみなみ注ぎます。茶葉の量は、茶壷の底に薄く茶を敷きつめる程度です。
3イメージ 3 蓋をした茶壷の上から熱湯をかけ、外側からもさらに温めます。
4イメージ 4 茶海に茶を移し、濃さを均等にします。茶杯に直接注ぎ分けてもかまいません。
5イメージ 5 人数分の茶杯に注ぎ分けます。茶壷から直接注ぎ分ける場合、濃さを均等にします。

ページの先頭へ戻る