ホーム  >  お茶の種類  >  日本茶(緑茶)の種類

日本茶(緑茶)の種類

国内で生産されるお茶は、ほとんどすべてが緑茶。
その緑茶が、栽培方法、摘採時期、製造工程などの違いによって、さまざまな種類のお茶になります。

日本で生産されるお茶はほとんどすべてが「緑茶」

日本で生産されるお茶は、ほとんどすべてが緑茶です。昭和40年代までは、各地で紅茶が生産されていました(昭和40年で約1,500トン)が、品質・価格面でインド・スリランカに太刀うちできませんでした。また、日本で烏龍茶がブームになった昭和54年(1979年)から60年(1985年)ころには、烏龍茶の製造を試みたところもありますが、紅茶同様に思わしくなく、現状では日本で生産されるお茶はほとんどすべてが緑茶といえます。
製法は、ほとんどが蒸し製法です。なお、九州の一部で地元消費のため釜炒り緑茶(玉緑茶など)が存在します。 茶種別生産量でみると、普通煎茶が3分の2を占めています。

各地で飲まれている日本茶の種類

ページの先頭へ戻る