ホーム  >  お茶の種類  >  日本茶の種類  >  茎茶・芽茶・頭(頭柳)(あたま、あたまやなぎ)・粉茶

茎茶・芽茶・頭・粉茶

茎茶(くきちゃ)

仕上げ加工工程で、新芽の茎だけを選別したお茶を茎茶と呼びます。

さわやかな香りと甘味をもつ「茎茶」

玉露や煎茶の仕上げ加工工程で、選別機によって新芽の茎だけを抽出したお茶です。独特のさわやかな香りと甘味が特徴です。中でも玉露や高級な煎茶の茎は、「かりがね」と呼ばれて珍重されています。艶のある鮮やかな緑の茎茶ほど、甘味があります。赤褐色の太い茎は、機械刈りした硬い部分で、地域によっては「棒茶(ぼうちゃ)」として販売されています。

芽茶(めちゃ)

芽の先の細い部分を選別したお茶です。うま味を多く含み、味が濃く出るのが特徴です。

味が濃く、うま味たっぷりの「芽茶」

玉露や煎茶の仕上げ加工工程で、芽の先の細い部分を選別したお茶。高級茶の原料となる一番茶または二番茶から選別するため、お茶のうま味を多く含んでいます。見た目はコロコロとしており、味が濃く出るのが特徴です。

頭(頭柳)(あたま、あたまやなぎ)

仕上げ加工工程で選別された扁平なお茶です。

柳の葉のように扁平な「頭」

やや硬化した葉が、柳の葉のように扁平に揉まれた茶葉を選別したものを、「頭(あたま)」または「頭柳(あたまやなぎ)」と呼びます。

粉茶(こなちゃ)

茶葉が粉状なので、お茶をいれたときに細かい茶葉そのものも入りやすくなります。
そのため、緑の色合いが鮮やかで、濃い味が特徴です。

細かな茶葉だけを選別した「粉茶」

玉露や煎茶の仕上げ加工工程で、廻しふるいなどで選別された細かい粉だけを抽出したお茶です。茶葉そのものが抽出液に多く含まれるので、水に溶けない有効成分を効率的に摂取することができます。お茶をいれた時の色合いは鮮やかな緑色で、味も濃く出ます。

ページの先頭へ戻る