ホーム  >  日本茶のおいしいいれ方

日本茶のおいしいいれ方

茶葉の種類ごとに特徴を引き出すいれ方があり、
また、同じお茶であっても2煎目、3煎目とお湯の温度を変えると、存分に楽しめます。

茶葉の持ち味を引き出すいれ方

普通煎茶はやや高温の湯でうま味成分と適度な渋味、香りを引き出します。

品質上、玉露や上級煎茶に比べるとアミノ酸が少なく、逆にカテキンを多く含むため、うま味と適度な渋味を引き出します。

煎茶イメージ

深蒸し煎茶は抽出時間をやや短めに。

深蒸し煎茶は、茶葉が細かく含有成分が溶け出しやすいため、抽出時間は短めにします。

煎茶イメージ

玉露は、低温の湯でじっくり時間をかけ、うま味成分を引き出します。

玉露や上級煎茶はうま味成分(アミノ酸)を豊富に含むため、渋味を抑えてうま味を十分に引き出すよう低温でいれます(アミノ酸は50度程度で、カテキンは80度以上で溶け出しやすい性質があるため)。 2煎目は1煎目よりやや高温の湯を使用すると、茶葉に残ったうま味と高温で溶け出す適度な渋味が楽しめます。

玉露イメージ

玄米茶・ほうじ茶は、高温で芳しい香りを引き出します。

玄米茶やほうじ茶は、うま味・渋味成分の濃度が少ないため、高温でいれても渋味やうま味は強く出ません。高温で香り立ち良くいれましょう。

玄米茶イメージ

新茶は、お湯の温度や抽出時間などによって、新茶のもつおいしさを好みに合わせて楽しむことができます。

新茶は、カテキン(渋味)・カフェイン(苦味)が少なく、逆にアミノ酸(うま味)が多いため、若葉ようなのさわやかな香りがあります。この特徴をうまく引き出して、新茶の味わいを楽しみましょう。

新茶イメージ

冷茶は、氷と水で抽出することで渋味を抑え、うま味を最大限に引き出すことができます。

茶葉の種類は、玉露や上級煎茶などうま味成分を豊富に含むもの、また深蒸し煎茶のように茶葉が細かく、濃く出るものが向きます。

冷茶イメージ
ポイント

2煎目もおいしくいれるポイント

  • 1煎目の湯を残すと2煎目が渋くなるため、最後の1滴までしぼりきります。
  • 注ぎ切った後、急須の蓋をずらしておくと、茶葉が蒸れずに2煎目もおいしく入ります。
  • 2煎目は1煎目よりやや高温の湯を使用すると、茶葉に残ったうま味と高温で溶け出す適度な渋味が楽しめます。
  • 2煎目からは早めに注ぎ分けてください。
キャラクターイラスト 

各温度の湯気の立ち方

ページの先頭へ戻る