ホーム  >  お茶のおいしいいれ方  >  日本茶のおいしいいれ方  >  玄米茶・ほうじ茶のおいしいいれ方

玄米茶・ほうじ茶のおいしいいれ方

玄米茶・ほうじ茶のおいしいいれ方(2人分のいれ方)

おいしさの目安

茶葉の量 玄米茶 4g
ほうじ茶 4g
湯の温度 95度
湯の量 200ml
浸出時間 30秒
ポイント
玄米茶やほうじ茶は、うま味・渋味成分が少ないため、高温でいれても渋味やうま味は強く出ません。高温で香り立ち良くいれましょう。
1イメージ 1 茶葉を入れる。
(4g:玄米茶はティースプーン2杯、ほうじ茶はティースプーン山盛り4杯)
2イメージ 2 ポットのお湯を直接急須へ。
(お湯の温度:95度)
※香りを出すため、必ず高い湯温で。
3イメージ 3 浸出時間:30秒
※長めにすると味が濃くなります。
4イメージ 4 少しずつ均等に注ぎ分け、最後の1滴までしぼりきる。

ページの先頭へ戻る