ホーム  >  お茶のおいしいいれ方  >  日本茶のおいしいいれ方  >  新茶のおいしいいれ方

新茶のおいしいいれ方

新茶のおいしいいれ方(2人分のいれ方)

おいしさの目安

茶葉の量 1人あたり
ティースプーン2杯くらい
湯の温度 70~80度
湯の量 150~200ml
浸出時間 約40秒
ポイント
新茶は、渋味や苦味が少なく、逆にうま味が多いため、若葉のようなさわやかな香りがあります。さわやかな香りとほどよい渋味を楽しみたい場合には、やや熱めの湯でさっと抽出するとよいでしょう。逆に、湯を70度くらいまで冷ましてからじっくりと抽出すると、うま味の多い味わいになります。
1イメージ 1 茶葉を入れる。
(1人あたりティースプーン2杯くらいが目安。茶葉は心もち多めに入れたほうが、味わいが深くなる。)
2イメージ 2 お湯を一度湯のみに移し、湯冷ましした湯を注ぐ。
(お湯の温度:70~80度)
3イメージ 3 約40秒抽出した後、急須を軽く2~3回まわす。
※これにより茶葉が開き、味がしっかりと出る。
4イメージ 4 少しずつ均等に注ぎ分け、最後の1滴までしぼりきる。

ページの先頭へ戻る