ホーム  >  お茶の種類  >  紅茶の種類

紅茶の種類

世界中でもっとも消費されるお茶は紅茶です。
紅茶は、20数ヵ国で生産されており、お茶の全生産量の約70%を占めています。

産地により分類される紅茶

紅茶は、産地の気候風土によって、品質や香味にそれぞれの個性があります。そのため、産地名がそのまま銘柄として使われます。 品種で大別すると、熱帯性の喬木大葉種であるアッサム種、温帯性の潅木小中葉種である中国種に分けられますが、タンニン量が多く香味濃厚なアッサム種と、耐寒性とデリケートな香味の中国種を交配させ、それぞれの特徴を活かした品種も多くみられます。 インドの「ダージリン」、スリランカの「ウバ」、中国の「キーモン(祁門)」は世界三大紅茶といわれる銘茶です。

ダージリン アッサム キーモン ヌワラエリア ウバ

ページの先頭へ戻る