ホーム  >  お茶の種類  >  紅茶の種類  >  ダージリン

ダージリン

インドのダージリン地方は、ヒマラヤ山麓に位置し、
日中と夜間の寒暖差で発生する霧が独特の味と香りをつくり出しています。
世界三大紅茶のひとつです。

紅茶のシャンペンとも称される「ダージリン」

ダージリン“Darjeeling”

「紅茶のシャンペン」とも称されるダージリンは、水色は薄いながらも格別な香味をもっているため、世界三大紅茶のひとつとして数えられています。ダージリン地方は東ヒマラヤ山麓に位置し、茶樹は標高2,000mの高地から急峻な谷底に至る斜面に植えられています。日中の直射日光と夜間の低温による寒暖差で発生する霧が、独特の味と香りをつくり出す条件となっています。生産期は3~11月までで、そのシーズンによって味も香りも大きく違ってきます。

ファーストフラッシュ
(一番摘み)
3~4月
3~4月に軽い雨期が訪れると、茶樹が一斉に柔らかい新芽で覆われる。この時期の収穫量は少なく高値で取引される。
茶葉の外観は浅緑っぽく、カップ水色は淡いオレンジ色。新鮮で若々しく、力のある香味をもっている。普通はストレートティーで味わう。
セカンドフラッシュ
(二番摘み)
5~6月
5~6月に収穫される葉は多少しっかりしてきて、加工されると外観も茶褐色となる。味・コク・香りともに一年中で最も充実しており最高級品となる。
カップ水色は明るく、やや濃いめのオレンジ色、味はやや渋味が増し、コクもあり、「マスカット・フレーバー」(マスカットぶどうを口に含んだような香り)と呼ばれるさわやかな香りは格別。ストレートティーでダージリン特有の香りを楽しむのがよい。
オータムナル
(秋摘み)
10~11月
10~11月、雨期の後の乾燥期には茶葉も厚くしっかりとして、味には渋味も加わる。
カップ水色はやや赤みがかった濃いめになる。ミルクティーに合う。

ダージリンの特徴

茶葉 OP(※)タイプ、ゴールデンチップを含む
風味 特有のマスカットフレーバーが極上品
さわやかな味わい
水色 赤みの薄いオレンジ色
適する飲み方 ストレート、抽出時間は長めに
収穫シーズン 3~11月、クオリティーのピークは5~6月
その他の特徴 世界三大紅茶のひとつ
OP:オレンジペコー。細長く、撚りのかかった大型の茶葉。

ページの先頭へ戻る