ホーム  >  お茶の種類  >  紅茶の種類  >  ヌワラエリア

ヌワラエリア

スリランカの中でももっとも標高が高いヌワラエリア地方でつくられるお茶です。
優雅ですがすがしい花香を楽しむことができます。

ストレートティーが最適の「ヌワラエリア」

ヌワラエリア“Nuwara Eliya”

スリランカを代表する紅茶の産地であるウバとは反対側に位置する最高地・ヌワラエリアで生産される銘茶です。水色は淡いオレンジ色で、緑茶に似た適度な渋味と優雅でデリケートな花香が特徴で、ストレートティーとして楽しむのが最適です。茶葉も緑がかっており、茶殻は緑茶のような色をしています。1~2月には最高級品が生産されます。

【セイロン紅茶の品質区分】
スリランカでは製茶工場が位置する標高によって、品質を3段階に分類しています。

ハイグロウンティー
(高地産)
標高4,000フィート(約1,300m)以上の製茶工場で生産される紅茶。セイロン紅茶の高級品にランクされ、独特のデリケートな味と爽快な渋味、香気をもち、水色は明るいのが特徴。ウバ、ヌワラエリア、ディンブラがセイロン三大ハイグロウンティー。
ミディアムグロウンティー
(中地産)
標高2,000~4,000フィート(670~1,300m)の製茶工場で生産される紅茶。渋味はやや弱いが力強い味で、コクがあり、香りも芳醇。ブレンドのベースにも適している。
ローグロウンティー
(低地産)
標高2,000フィート(670m)以下の製茶工場で生産される紅茶。一般的に香りは弱いが、水色が濃いのが特徴。

ヌワラエリアの特徴

茶葉 緑味を含む
赤褐色茶殻も緑茶のよう
風味 緑茶に似た適度な渋味、デリケートな花香
水色 淡いオレンジ色
適する飲み方 ストレート
収穫シーズン クオリティーのピークは1~2月
その他の特徴 日本の緑茶に近い感覚で楽しめる

ページの先頭へ戻る