ホーム  >  お茶の産地  日本茶(緑茶)の主要産地  >  三重県

三重県

古くから日本茶の栽培が行われてきた三重県は、国内で生産量第3位のお茶の産地です。

「伊勢茶」で知られる産地、三重県

南北朝時代には虎関師錬(こかんしれん)が著したという『異制庭訓往来(いせいていきんおうらい)』に当時の銘茶産地として、この地方の伊賀、伊勢が挙げられていました。
現在では静岡県・鹿児島県に次ぐ第3位の生産量を誇ります。

地区 一番茶
摘採時期
特徴
①四日市 5月中旬 かぶせ茶生産量は日本一。かぶせ系の鮮緑色、太撚り、香りうすく味は濃い
②鈴鹿
③亀山
④飯南
(いいなん)
4月下旬 深蒸し系、浅緑色、太撚り、香り・味ともうすい
⑤度会
(わたらい)

ページの先頭へ戻る