ホーム  >  お茶の産地  日本茶(緑茶)の主要産地  >  宮崎県

宮崎県

国内第4位の生産地、宮崎県

宝暦初年(1751年)に都城島津藩家士の池田貞記が、山城宇治に赴き蒸製製茶法を取得して藩内に広めたのが始まりで、現在では荒茶生産量は全国第4位です。
日向市と都城市、串間市、川南町などが主産地で、大規模な茶園、かつ積極的な機械導入により急成長しました。また、大半の産地では「宮崎茶」としてブランド統一を行う傾向が強いです。その一方で、高千穂・五ヶ瀬地方には伝統的な製茶技術が伝わっています。

地区 一番茶
摘採時期
特徴
①高千穂・
五ヶ瀬
(ごかせ)
5月上旬 ほとんどが釜炒り茶。黄金の水色と独特な釜香(かまか)が特徴
②都城 4月下旬 みる芽摘採。寒冷紗がけが多く濃緑茶。浅蒸し
③串間 4月中旬
④川南
(かわ
みなみ)
4月下旬 浅蒸しが中心で形状は大ぶり、味、香りは濃い

ページの先頭へ戻る