ホーム  >  お茶ができるまで  >  お茶の製造工程

お茶の製造工程

お茶は、種類によって異なる製造工程を経て完成します。ここでは、日本茶の中から煎茶と抹茶、中国茶から烏龍茶とジャスミン茶、紅茶の製造工程について紹介します。

日本茶の製造工程

お茶は茶園で栽培し、適期に摘採した生葉を加工することによって製品となります。茶葉は、摘採した時点から酸化酵素の働きによって変化(発酵)が始まります。日本茶の場合、可能な限り新鮮な状態で熱処理(蒸す・炒る)をすることによって酸化酵素の活性を止め、葉の形状を整え、水分をある程度まで下げ、保存に耐えられる乾物状態にします。この乾物状態を荒茶といい、生葉から荒茶に仕上げる工程を荒茶製造(加工)と呼びます。
荒茶の製造は、上記の理由からもお茶の収穫時期に茶園の近辺で行われ、製造後すぐに流通にまわされ、商工業者によって保存されます。荒茶は、形状が不揃いで水分含有量も多く、家庭での保存には適していません。また、香味のバランスもとれていないため、商工業者が消費地への出荷直前に仕上げ(再製)加工を行います。

煎茶の製造工程

煎茶は、荒茶の製造工程で「味・香味・水色」が決まります。
摘採後のすばやい熱処理と、その後繰り返される揉みによって、お茶の品質が大きく左右されます。

抹茶の製造工程

揉み作業を繰り返す煎茶に対して、抹茶の原料となるてん茶では揉み作業を行いません。
そのため荒茶製造にかかる時間は、煎茶が約3時間かかるのに対して、てん茶では1時間足らずです。

中国茶の製造工程

発酵度によって分ける一般的な分類で、それぞれのお茶は以下のようにつくられています。
→のある部分にオンマウスすると詳細な内容が表示されます。

萎凋 殺青 殺青 萎凋 萎凋 殺青 揺青 揉捻 揉捻 殺青 揉捻 悶黄 揉捻 転紅 渥推

烏龍茶の製造工程

半発酵させるのが烏龍茶の製造工程です。

ジャスミン茶の製造工程

中国では、茶葉に白い花が入ったものはほとんど見かけません。
日本では花入りの方が好まれるため、再度花を混ぜて出荷されているのです。

紅茶の製造工程

紅茶の製法は、今から約200年前に中国で完成した
古典的な「手作り」(工夫製法)が基礎となっています。

ページの先頭へ戻る