ホーム  >  お茶ができるまで  >  お茶の栽培  >  茶園の1年

茶園の1年

茶園によって多少の差はあるものの、おいしいお茶を栽培するためには、
1年をとおしてさまざまな作業が必要となります。

1年間、手間をかけて育てられるお茶

茶園の年間の作業時間は10アール(1,000平方メートル)あたり、静岡県で約120時間、機械化が進んでいる鹿児島県で約80時間といわれています。その作業は、摘採に加えて、施肥・防除・整枝のほか、かぶせ茶をつくる場合は被覆などを行う必要があります。

ページの先頭へ戻る