ホーム  >  お茶ができるまで  >  お茶の摘採  >  摘採方法

摘採方法

古くから行われてきた手摘みは、品質はよいのですが作業効率が悪くてコスト高になってしまうため、現在は一部の地域や上級茶、特別早期の場合を除いて、ほとんどが機械摘みです。

国内で行われている摘採方法

現在、国内で行われている摘採方法には、手摘み・はさみ摘み・機械摘みがあり、さらに機械摘みの方法は機械の大きさや使用方法などで、携帯型・可搬型・自走型・乗用型・レール式などに分類されます。いずれの摘採方法にしても、その摘採技術の巧拙が生葉の品質と収量に大きく影響するため、細心の注意を要します。 参考までに摘採方法の違いによる摘採能力の一覧を示します。

作業手段 手摘み
手摘み
動力(可搬型)
動力(可搬型)
動力(乗用型)
動力(乗用型)
組人員(人) 1 2 2(1名は搬入)
1時間あたり
摘採量(kg)
1~3 300~400 600~800
1時間あたり
作業面積
(アール)
- 5~6 10
1日8時間あたり
作業量
(アール)
- 30~50 80
圃場条件 - 平坦、緩傾斜
畦の長さ20m
平坦、傾斜15度以下
畦の長さ200m
キャラクターイラスト 

主産国では手摘みされている紅茶の摘採

インド・スリランカ・ケニアなどの主産国では、すべて手摘みで行われています。
近年では、品種改良・製茶法・製造工程の変更などの理由から、柔らかい第3葉を含めて「1芯3葉摘み」が一般的となっています。
スリランカでは、茶園にもよりますが「茶摘み婦」が1日3回、通常10~20kg、繁忙期には20~30kg、熟練者は通常30~40kg、最高45~50kgも摘んでいます。

ページの先頭へ戻る