ホーム  >  お茶のおいしいいれ方  >  紅茶のおいしいいれ方  >  ミルクティーのおいしいいれ方

ミルクティーのおいしいいれ方

コクのある味わいで、水色が濃く出る紅茶葉の場合は、
牛乳を加えてミルクティーにするといっそうおいしく味わえます。

ミルクティーのおいしいいれ方

基本となるのは、ゴールデンルールでいれるストレートティーです。

ポイント
温めた牛乳の独特のにおいは紅茶の香りを損ねるので、冷たいままか、できれば室温で使用しましょう。生クリームやコーヒー用液体クリームは、脂肪分が多すぎて紅茶には不向きです。好みでエバミルクやクリーミングパウダーでもよいですが、牛乳が一番よく合うので市販の牛乳をそのまま使うのがお勧めです。
1イメージ 1 牛乳はミルクピッチャーに移して常温にしておきます。
2イメージ 2 ポットとカップを温めます。茶葉はアッサム、ウバ、ケニアのCTCなど、味にコクがあり水色の濃く出るものがよく合います。
3イメージ 3 温めたポットに茶葉を入れます。ティーカップ1杯分に対してティースプーン1杯、細かい葉は中盛り、大きい葉はかさばるので大盛にします。
4イメージ 4 熱湯を注いで蒸らします。やや長めに蒸らし、牛乳の風味に負けないよう濃いめに出します。3~3分半くらいが適当です。
5イメージ 5 クリーミーブラウンの美しい色になるまで牛乳を入れます。少ないと色が冴えません。
ロイヤルミルクティーのおいしいいれ方

コクのある味わいで、水色が濃く出る紅茶葉の場合は、リッチにロイヤルミルクティーもバリエーションに加えてはいかがでしょうか。

  • 牛乳を1/2カップ、水またはお湯を1/2カップ、茶葉をティースプーン山盛り1杯(約4g)、グラニュー糖適量を用意します
  • 牛乳とお湯を手鍋に入れて沸かします。
  • 沸騰したお湯を使います。
  • 沸騰する直前に茶葉を入れ、すぐに火を止めて蓋をして蒸らします。
  • 3~4分程蒸らしたら、あらかじめ温めておいたカップに、茶こしでこしながら注ぎます。 ※シナモンミルクティー、ジンジャーミルクティーは、4の段階でシナモンやスライスしょうがを入れます。

ページの先頭へ戻る