ホーム  >  お茶のおいしいいれ方  >  紅茶のおいしいいれ方  >  ストレートティーのおいしいいれ方

ストレートティーのおいしいいれ方

ストレートティーのおいしいいれ方

ポイント
ストレートティーの場合、英国式の「ゴールデンルール」にしたがっていれると、
紅茶本来の味わいが楽しめます。
1イメージ 1 汲みたての新鮮な水を沸騰させます。5円玉くらいの泡がボコボコ出るくらいの状態になるとよいでしょう。
2イメージ 2 ポットとカップにお湯を注ぎ、温めます。お湯は余裕をもってたっぷり沸かします。
3イメージ 3 温めたポットに茶葉を入れます。ティーカップ1杯分に対してティースプーン1杯、細かい葉は中盛り、大きい葉はかさばるので大盛にします。
4イメージ 4 沸騰したお湯を杯数分注ぎます。英国の伝統的な考えにしたがって、やかんを移動するのではなく、ポットをやかんに近づけること。湯量はカップ1杯あたり150cc。
5イメージ 5 すぐに蓋をし、茶葉の大きさに合わせてしっかり蒸らします。細かいブロークンタイプは2~3分、大きいリーフタイプなら3~4分を目安にします
6イメージ 6 時間がきたら、スプーンで葉を起こすようにそっとかき回し、濃さを均一にしてから茶こしを使って最後の1滴まで注ぎ分けます。
紅茶ティーバッグのおいしいいれ方

紅茶ティーバッグは手軽に手早くいれられることから、リーフティーに比べて味が落ちるようなイメージがありますが、ゴールデンルールにしたがっていれると、十分においしい紅茶を楽しむことができます。

  • カップを温めます。 ティーバッグもポットを使った方がよいですが、手軽にカップでいれてもかまいません。
  • 茶葉の量に注意します。 1杯分につき1袋の紅茶ティーバッグを使います(多くの紅茶ティーバッグは1袋2g)。
  • 沸騰したお湯を使います。
  • 十分に蒸らします。 ソーサーでふたをすると、ポットでいれるときと同じように蒸らすことができます。時間はパッケージの表示を参考にしてください。
  • 静かに引き上げます。 時間がきたら、紅茶ティーバッグをそっと引き上げます。スプーンで押すと余分な渋みが出るので注意しましょう。

ページの先頭へ戻る