ホーム  >  お茶の種類  >  中国茶の種類  >  鉄観音・黄金桂・水仙・色種

鉄観音・黄金桂・水仙・色種

鉄観音・黄金桂・水仙・色種は「半発酵茶」で、発酵部分の褐色と不発酵部分の緑色が混じり合って、
見た目が青っぽく見えることから「青茶」に分類されます。

鉄観音(てつかんのん)

ふくよかな香味が特徴の烏龍茶です。

烏龍茶の代表品種である鉄観音種を、特別なつくり方で仕上げた銘柄です。 安渓(あんけい)が主たる産地で、生産量は全烏龍茶の約5%程度。香味はふくよかで、水蜜桃(すいみつとう)に似ています。

黄金桂(おうごんけい)

ほのかなキンモクセイの香りのする烏龍茶です。

安渓(あんけい)地区でごく少量生産される烏龍茶の一種。「黄旦(こうたん)」という品種からつくられ、春茶の香りは非常にさわやかです。黄金桂という名前の由来は、その香りが遠くから香ってくるキンモクセイの香りに近いため、黄旦の「黄」とキンモクセイを意味する「桂」から付けられました。

水仙(すいせん)

甘味を含んだ芳香をもつ烏龍茶です。

福建省の中心を流れる閩江(みんこう)という川を境に、その北部で採れる閩北水仙と、南部で採れる閩南水仙はつくり方が異なり、見た目もまったく違います。 味わいとしては、甘味を含んだ独特の芳香をもっており、お茶をいれた際の水色は、赤褐色の鮮やかな色が特徴的です。生産量は多く、全烏龍茶の半分弱を占めています。

色種(しきしゅ)

さわやかな香りが特徴の烏龍茶です。

安渓(あんけい)・漳州(しょうしゅう)地区で、本山(ほんざん)、梅占(めいせん)、福雲と呼ばれる品種をブレンドし、ひとつの銘柄として生産されるのが「色種」です。さわやかな香りが特徴で、鉄観音と似た製法でつくられるため、形状が似通っています。生産量は多く、全烏龍茶の半分弱を占めています。

ページの先頭へ戻る